本文へ移動

法人案内

理事長あいさつ

      理事長 田口 水子
 
 光の園は、神からいただいた「いのち」を、「ともに」、「よろこんで」生きる大きな家族です。神から私たちに託された一人ひとりの「いのち」を尊重し、いつくしみをもって育み、一人ひとりの秘められた力の開花、自立と真の幸せを願って、やさしく丁寧なかかわり、支援を心がけています。
 創立以来、職員のはたらきは勿論ですが、多方面にわたる多くの方々のご理解とご協力、惜しみない奉仕をいただいて、社会のニーズに応えながら今日まで歩んでまいりました。
 今後も職員の専門性向上に努め、より多くの皆様と共に、いただいた「いのち」を十全に生きるよろこびと希望を広げる、温かい「光の園」でありたいと願っています。

光の園 園歌 作詞作曲 綾部玲子

1.春、夏のみどりの中に
あたらしい いのちがある
そのいのちを 与えるもの
あゝそれはひかりよ
2.秋、冬のつめたい風に
あたたかい いのちがある
そのいのちを 教えるもの
あゝそれはひかりよ
3.わたしたちの心の中に
うつくしい いのちがある
そのいのちを 育てるもの
あゝ それはひかりよ
ラララ ラララ 光のこども

法人概要

名称
社会福祉法人 光の園
所在地
〒738-0042 広島県廿日市市地御前1895
電話番号
0829-39-1121
FAX番号
0829-39-1121
代表者
理事長 田口 水子
設立年月日
1952年(昭和27年)12月20日
従業員数
60名
業務内容
1.第一種社会福祉事業の運営
 ・児童養護施設
 ・軽費老人ホームケアハウス
2.第二種社会福祉事業の運営
 ・老人デイサービス事業
 ・老人居宅介護等事業
3.第二種障がい福祉事業の運営
 ・障がい福祉サービス事業
 ・地域活動支援センター
 

沿革

1947(昭和22)年
ペドロ・アルペ神父(イエズス会長束修道院長)の要請を受けて、福音の光修道会のシスターが安佐郡祗園町・三菱労務課の建物で原爆孤児の保護養育を開始。(米軍岩国基地及びカトリック信者の援助を受ける)
1948(昭和23)年
広島市基町(広島城の近く)に「光の園」移転。児童福祉法による養護施設として認可。
1949(昭和24)年
食べ物がないのに食べられない日はないなど、多くの不思議さから「光の園摂理の家」と命名。
1952(昭和27)年
厚生大臣より「社会福祉法人 光の園」認可。
1956(昭和31)年
廿日市市地御前1895番地(現在地)に、米軍岩国基地の労力奉仕により土地造成。園舎落成移転。
1968(昭和43)年
「光の園後援会」の前身、「光の園親の会」が高校学資支援の目的で発足。
1969(昭和44)年
カトリック幟町教会にて第1回バザー開催。(目的:摂理の家園舎改築資金)
1975(昭和50)年
摂理の家園舎全面改築。
1983(昭和58)年
バザー会場、幟町教会から現在地・光の園に。
1988(昭和63)年
ち域交流ホーム(摂理の家講堂2階部分)増築落成。
1989(平成元)年
「光の園親の会」を「光の園後援会」に改称。
1992(平成4)年
軽費老人ホーム「ケアハウス インマヌエルホーム」、「デイサービスセンター光の園」、「光の園居宅介護支援事業所」、事業開始。ケアハウス新設に併せて「ふれあいのサンルーム」並びに保育室増築。
1996(平成8)年
摂理の家園舎大規模修繕工事完了。
2008(平成20)年
障害福祉サービス事業「広島マックハウス」、事業開始。
2009(平成21)年
地域活動支援センター「広島マック作業所」、事業開始。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0829-39-1121
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
社会福祉法人 光の園
〒738-0042
広島県廿日市市地御前1895
TEL.0829-39-1121
FAX.0829-39-1121
1.第一種社会福祉事業の運営
 ・児童養護施設
 ・軽費老人ホームケアハウス
2.第二種社会福祉事業の運営
 ・老人デイサービス事業
 ・老人居宅介護等事業
3.第二種障がい福祉事業の運営
 ・障がい福祉サービス事業
 ・地域活動支援センター
 
TOPへ戻る